« 備忘録―その6 | トップページ | ☆焼肉☆ »

無題

「もう、気にいらん!!消えちまえ!!」っと思っていた人物が実際消えてしまうと、心には焦燥感が残るもの。

「なんたる野郎だ!!人間の風上にも置けない!!」と憎んでいても、居なくなれば何か自分の中にもの足りなさを感じるもの。

「反面教師だ!!」なんて、心の中で罵っても、やはり心の中ではその人を思っている自分がいる。

人というのは、本当に不思議なものです。

|

« 備忘録―その6 | トップページ | ☆焼肉☆ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 備忘録―その6 | トップページ | ☆焼肉☆ »