« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

キャプテン・ビリー その2

昨日、届いた「ビーリーズブートキャンプ」。今日もやりました。

やっぱり、疲れる・・・・・・・・自分には、本当に筋肉がないということを改めて痛感しました。

しかも、腹が痛い・・・・・・腹筋の筋肉痛といえば、良いのでしょうか・・・・・・・・前にかがんだだけで、腹に違和感を感じます・・・・・・・・

腹筋のみならず、全身が痛いです(涙)・・・・・・・・・今日の更新も決死の覚悟なわけです・・・・・・・

さらに、運動したから食がものすごく進む・・・・・・これじゃあ、意味ないじゃん・・・・・と思いつつ決死の覚悟で更新している、筋肉痛でつらい、宿題の量に圧倒されている、もっと友達と遊びたいと思っている、夏をもっと満喫したいたけぼうでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャプテン・ビリー

今日、我が家にある小包が届きました。

ビリーズブートキャンプ!!(無論、僕が買ったのではありませんよ!!姉が買ったのです。)

実際、姉がやってる横で僕も50分やってみたのですが、本当に汗だくになる・・・・・しかも疲れる・・・・・・・しかも全身痛い・・・・・・翌日の筋肉痛は確実です・・・・・・・・今も、この更新も決死の覚悟(?)でやっております(笑)。しかし、これを一週間やれば、確かに筋肉はつきそうな感じがするし、痩せそうな感じがします。やってみる価値は十分にあると思います。みなさんもいかがですか?

ところで、なぜこれが日本で流行るのでしょうか?なんか唐突に思いました。自分なりに考えてみると、まず日本には痩せたい、あるいは筋肉を付けたいと思っている人が多いのだと考えられます。なぜ、そう思う人が多いのか?肉など脂肪分の多い食べ物やケーキ等糖分の多い食事やジャンクフードといった栄養価が全くない食事が日本に多く流入したこと(このように、偉そうに言っている私ですが、僕もこのような食べ物をよく食べていますし、今後もやめるつもりは一切ありません。だっておいしいんだもん・・・・・・)や、文明の進化や発達により人間が物理的に動くことが極端に減ったこと、社会人になって運動しなくなった等考えれば、かなり多くの理由が挙げられると思います。

以上のようにビリーズブートキャンプが流行る裏には、日本が抱える社会問題が如実に現れていると思うのです。

まぁ、僕は筋肉もないし、運動音痴だし、インドア志向が強いから、これをやるにはうってつけの人間なわけです。とりあえず、もうしばらく続けてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ夏休み!

今日で学校は終了!明日から、夏休み!な、わけですが明日から学校の夏期講習が早速始まるので、結局学校へ行かなければならないのです・・・・・・まぁ、頑張ります!で、今日は学校が早く終わったので、同じクラスの友達とカラオケへ行きました。その知り合いが、他に行く人を探したのですが、みんな予定が入っていて行けず、結局二人で行くことになってしまったのです。で、マックで昼ご飯を済ませ、カラオケボックスに12時30分頃入り、なんと17時まで、ぶっ続けで4時間30分歌い続けました!さすがに喉が痛い・・・・・・・しかも、歌う曲がない・・・・・しかし、その知り合いは「まだ1時間歌える。」と言っていました。恐れ入ります・・・・・・家に帰ったら、しっかりイソジンでうがいをしようと思いつつ、携帯で更新しているたけぼうでした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

人の運命と幸福

みなさん、こんにちは。たけぼうです。

久しぶりにネタがあったので、書きます。

今日、とあるテレビを観ました。内容は、とある占い師が芸能人の過去や現在の行い、そしてその占い師が駆使する占術で芸能人の未来を占うというもの。その占い師はその芸能人に、「あなたは来年から最悪の時期に入る。」とか「あなたの夫はもうしばらくすると死ぬ」とか、言いたい放題。しかもその占い師は以前に他の番組でも、「あなたは、今のままでは数年以内に自殺する」とか「あなたはこのままでは地獄に落ちる」と自分の好き勝手に言っている。

その占い師に言う。

人の死を軽々しく口にするな!!他人の運命を予言するな!!

人の運命というのは、他人が決定できるほど簡単なものではない。そうであるからこそ、人生は「一寸先は闇」というように、不安もあるが面白くもあるのではないだろうか?まず、そもそも運命とは自分自身で決定するものできると思う。自分自身の心の持ちようでいくらでも変えられるのではないか?

またその人は「自分の占いは幸せな人生を送ることができる」と言っているように思えてならない。これは大きな勘違いをしていると思う。幸せも運命同様占いで実現できるほど簡単なものじゃない。では、幸せになるためには何が必要なのか?それは、「優しさ」や「愛」であると思う。この事実は、哲学者のジェームズ・アレンも言っている。現実、このことは奇麗事かもしれないが、事実なのである。そして「優しくなる」というのは、案外難しいものである。大抵の場合は、それを「放任」とか「苦労をさせない」と勘違いするのである。僕も、「優しい人間になろう」と努力しているが、やはりそれと勘違いをしていると思う。そして、「優しさ」を実現するために「愛」が必要だと思う。「愛」には全てを包みこむ力があると思うからだ。そして、それらが実現できたときには、自分の精神レベルがものすごく高度の次元にいることがわかるだろう。

このように、占いで自分の人生を切り開くのは到底無理である。占いなどにすがらず、自分の心にすがることこそが、自分の人生を大きくきり開くことが出来るのである。

と、まぁ、長々と書きましたが、ちなみにここに出てくる占い師ってみなさん想像がつきましたよね?プライバシーやその他もろもろの関係で名前は出せませんが・・・・・・・・・・・・・・・スピリチュアルカウンセラーの江原さんもその人を否定していました。やはり、あの人のやり方は間違っていると思います。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »